So-net無料ブログ作成
検索選択

ヨシゴイ [埼玉県]

ササゴイさんの次はヨシゴイさんです。

ササゴイよりもさらに小さくて(100gちょっと)
こんな場所でも軽々とまれます。

 

ガマの繁みの中には4羽の幼鳥さん達・・・、
たまーに顔を出してくれました。

 

ぽよぽよした産毛が残っている子もいましたよ。
末っ子でしょうか。

 

ほとんど奥のほうに引っこんでいますが
親鳥が来ると大騒ぎ!

親鳥が食べられそうになってました^^;

 

 

末っ子も負けていません。

 

足が水につきそうですが・・・。

 

別の場所では少し大きくなった幼鳥さんが2羽、
石の間にクチバシを突っ込んで

 

小さな虫(?)を食べたり

 

カイツブリさんに挨拶してるようにも見えました^^

 
コウノトリ目

ササゴイ [埼玉県]

猛暑の河原で
出てきてくれない鳥さんを待っていたのですが・・・、

カルガモさんの向こうにササゴイさんを見つけました!

 

お腹に白い縦縞模様があるので若ですね。

 

 

 

去年は成鳥が大きな魚を捕まえた場所で
近くに釣り人もちらほら・・・。

この子も何か捕まえてくれないかなぁと見ていたのですが、
歩き回るばかりで

 

 

 

草叢に入ってしまいました。

 

一人前になるのはまだ先のようです。
コウノトリ目

盛夏 [鳥以外]

鳥の出が悪いと蝶の写真が増えていきます^^;

そんな中から涼しい山で見かけた蝶々達・・・、
表と裏がこんなに違う子がいました。

ピンボケですが、クジャクチョウ、

 
 表

 
 裏

表の目玉模様は鳥などの天敵から身を守るためだとか。

こちらはたぶん、ヒメシジミ、

 
 表

 
 裏

似たような仲間にミヤマシジミとアサマシジミがいますが
写真を見比べてもよくわかりません。

飛び回っていたのはウラギンヒョウモン、

 
 表

 
 裏

似たような仲間にギンボシヒョウモンがいます。

蝶の天敵って鳥や蜘蛛だけかと思っていたら
こんな子も待ち伏せしてましたよ。

 

山の蝶は分布が限られてしまうので
僅かの環境の変化でも絶滅の危険があるそうです。

最後はセセリチョウの仲間のホソバセセリ、

 

ずんぐり体型で大きな目の愛らしい蝶です。

蝶も調べてみると奥が深くて
写すのは数秒でも判別に1週間もかかってしまったり・・・。

いよいよ本格的な夏を迎え
屋外での活動は厳しくなってきましたが、

 

皆様も熱中症に気をつけて楽しい夏をお過ごしください。
タグ:昆虫